2009年01月03日

年越し派遣村のニュースを見て

年明け早々、今の不況の凄まじさを示唆する記事を見つけました。

厚労省庁舎を5日朝まで開放するそうでうが、失業の増加は、マダマダこれからが本番という気もする中、仕事、住居を失った人がすぐに新しい仕事、住居を見つけるのは至難な気がします。

5日朝に本当に追い出せることが出来るんでしょうか?

家も金も無い(今後それらを得られる算段も付いていない)人を、実力行使で追い出すことになるのでしょうから。


こうしたケアが必要な人の数が、300人程度で収まるとも思えず、今後難しい対応が求められるような気がします。 (個別対応ではなく、マクロな対応が求められます。)

経済を上向ける為の抜本的な対応が求められますが、全世界的に未だ下降モードにある現状を考えると、目に見えた効果を実現するには時間がかかるでしょう。

過疎の農村等に補助金を出して仕事・住居を準備し、職を失った人がとりあえず自給自足できる体制(&出来れば日本の食糧自給率を上げるのに貢献できる体制)を整備するなど、即効性/持続性を両立できる対応を整えることも必要な気がします。


(中日新聞から抜粋)


「年越し派遣村」に300人超 厚労省庁舎を宿泊用に開放


2009年1月3日 朝刊

 
 派遣契約打ち切りなどで仕事や住居を失った労働者らのための“年越し派遣村”(東京・日比谷公園)に想定を超える300人以上が集まり、厚生労働省は2日、公園に近い庁舎内の講堂を宿泊用に開放した。公園のテントで寝泊まりしていたほとんどの人が同日夜、布団などを抱えて講堂に移動した。開放は5日午前9時まで。
 派遣村の実行委員会によると、大みそかの開設時に130人ほどだった要支援者は日ごとに増え、2日に300人を超過。ほとんどの人は宿泊場所がなく、実行委が厚労省に対応を要請していた。
 派遣村の湯浅誠村長が「講堂の開放は皆さんの声が国に届いたからだと思います」と集会で報告すると、集まった人たちから拍手が起こった。これまで、夜は公園内で4、5人用のテント約50張りを提供していたが、体調を崩して救急車で運ばれる人もおり、医療経験のあるボランティアが足りないという。
 ボランティアが相談を実施。5日朝まで続けられる。
 
posted by AK at 09:20 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112072939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。