2007年07月16日

池袋家電戦争

ロードサイド家電店の雄、ヤマダ電機がビックカメラ潰しに池袋殴り込み、、ということで、状況を見に池袋へ行ってきました。

ちょうど、デジタルカメラが壊れてたこともあり、デジカメ購入も兼ねて。


バスで池袋西口に着き、東口に行くと、ビックカメラのうちわや細長いバルーンも持った人多数。

一方、ヤマダ電機のプロモーション品を持った人は見当たりません。

ビックカメラは池袋が本拠地ということもあり、あちこちに店が目に付くのですが、ヤマダ電機は初めどこにあるのかわかりませんでした。(場所を示す看板・広告も東口出たところに一つだけしか見つかりませんでしたし。)


ですが、ビックカメラ本店のすぐ横に、ヤマダ電機はありました。

あまりにも露骨です。

おそらく、ビックカメラを潰す為の戦闘価格設定をしているに違いないと考え、心を躍らせながら中に入っていきました。


状況証拠としても、、、

ヤマダ電機とビックカメラを比べると、ヤマダ電機の方が仕入れ価格が安いでしょうし、メーカーからの協賛金も沢山せしめているはず。 

つまり、同じ価格で勝負すれば、ヤマダ電機の方が利ざやが厚いはずです。

しかも、ビックカメラ全体に占める池袋店の比重に比べ、ヤマダ電機全体に占める池袋店の比重はずっと小さいはず。

しばらく利益率が低くとも、長期的にはペイする戦略が打てます。  (独禁法上の問題等があるかどうかは、わかりませんが。)


ヤマダ電機に入っていって、チェックしていた CannonのIXY Digital 900ISの売り場へ。

価格表には、37,800円の数字がX印で消してあり、店員に価格を聞け、、と。

価格を聞くと、37,000円+10%ポイント。 (1ポイント=1円で換算すると、33,300円)


それをチェックした上で、ビックカメラに行くと、、、

同じカメラが 39,800円+15%ポイント。(1ポイント=1円で換算すると、33,830円)

高いし、ポイントの割合が多いし、良いところなしです。


そこで、、

早速ビックカメラ店員を呼び、ヤマダ電機の値段を値下げをお願いしてみました。

すると、37,810円+15%ポイント。 (1ポイント=1円で換算すると、32,139円)

ただ単にヤマダ電機の価格にマッチしていくのではなく、価格差を指摘された時用の計算公式があるみたいでした。

ヤマダ電機の出している価格よりも、1,000円以上安いのは結構魅力。

ビックカメラのポイントは結構使うので、ポイントの割合が多いのはそれ程気になりません。

ヤマダ電機効果、いい感じです。

その価格で買ってしまいました。



ちなみに、ビックカメラは値下げもし、プロモーションもしまくりで、結構収益は圧迫されているはずです。

売上げがどれくらいヤマダ電機に取られているかはわかりませんが。。。


ビックカメラの株価は5月以降堅調ですが、、、

動向をチェックした上で、ちょっと手を出してみようかな、、と思います。 (Short or Longで。)
posted by AK at 20:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 出来事 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48064418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヤマダ電機LABI池袋の立地
Excerpt: ヤマダ電機LABI池袋の立地についてもう少し考えてみます。 池袋駅にはもともとビックカメラが東西合わせて5店舗もあり、さらにさくらやなんかもありますので、駅前の電気屋はけっこう飽和状態だったような..
Weblog: LABI池袋ヤマダ電機徹底解説!
Tracked: 2007-07-17 13:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。