2007年10月27日

NOVA倒産

給料の遅配のニュースを聞いたときから、倒産も近いか、、、と思っていましたが、遂に来ましたね 会社更生法申請。


が、、、

まさか営業を中止するとは。


英会話学校なんて 授業料の前貰いで成り立っているビジネスですから、ちょっとやそっとの赤字では、営業が出来なくなるほどキャッシュが周らなくなる事態にはなかなか無いはず。

株主と銀行を泣かせば、講師/職員への給与や教室の賃貸料程度の日銭はあるのだろうと腹をくくっていたんですが、、、、

冷静に考えると、今 新規で契約する人っていないでしょうから、キャッシュは入ってこない状況なんでしょうね。

しかも、もしかすると、解約/返金ラッシュだったのか!?


実は、私もノヴァに前払いしているんです、、 言ってみれば被害者。。。

やばそうな兆候が出てきたところで、早めに解約に行っていればよかった。

行動力の無さに反省です。



でも、外国から来ている講師の人たちの方が、何倍も大変そうですね。。。。

顧客ベースや語学学校としての機能を使い、本業と上手くシナジーを出せる支援企業が早く見つかれば良いと思います。
posted by AK at 01:33 | 東京 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もNOVAに前払いして悪いうわさが続いていたので解約予約していたその日に更正手続のニュースが飛び込んで消費者センターや経済産業省へ問い合わせたけどNOVAのHOMEPAGE見るようにいわれるだけ。そんなこととっくにやってるよ。どこか消費者の救済支援団体あったら教えてください。
Posted by IDIOT at 2007年10月28日 16:26
IDIOTさん コメントありがとうございます。

相手が倒産しているだけに、いい解決策はなかなか浮かびません。 どこかの企業が、サービス継続する形で再建してくれるのが一番良いんですけどね。。。 (待つしかなしか。。。)

ただ、倒産直前の監査役全員辞任等から察するに、いろいろとややこしいことがありそうで、いくら更生法申請できれいになっているとは言え、そうそう簡単に出が出せる案件では無いように思います。 


法律のことを詳しくは知らないので、単なる想像ですが、、もし、社長その他の経営陣が金を持っているのであれば、善管注意義務違反(もしかしたら、背任行為等もあるかも、、)で攻め、経営陣から会社に金を戻させるという手もあるのかもしれません。 どちらにしろ、われわれ被害者としては、会社更生法の下での手続きを見守ることになるだけでしょうけれど。
Posted by Akira at 2007年10月28日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。