2007年11月25日

お好み焼き尽くし

お好み焼きには昔から思い入れがあります。

それは、「お好み焼きと一緒にご飯を食べるのは信じられない!!」 という話をよく聞くようになってからかも知れません。


高校の近所のお好み焼き屋(神戸)で チーズ入りもだん焼き定食(モンチッチ焼き定食という名前だったと思う。。)を食べるのが好きだった高校時代。

そういう自分を少し否定されて気がして。


その時、思ったものでした。

確かに、粉がたっぷり入ったお好み焼き(洋食焼きと呼ばれるものに毛が生えた程度のもの)ならばご飯には合わないかもしれない。。 

でも、「美味しいお好み焼きなら、充分ご飯のおかずになる。 まずいお好み焼きしか知らずにぐだぐだ言うな」、と。

(大阪では、焼きそば定食やたこ焼き定食もありますが、そういうのには共感できません。)



この週末、広島(出張)と大阪(実家)に行ったのですが、満足が出来る(ご飯にも合いそうな)お好み焼きに出会いました。


まずは広島。

怪しげな、如何にも夜の街といった雰囲気の繁華街の中にある 「八昌」。

hiroshima1.jpg


食べたのは、店の人のお奨め。 

スペシャル そば ねぎのせ

hiroshima2.jpg



あっさりとした味付け、そして粉少な目の焼き方 は、非常に美味しかったです。

飲んだ後食べるなら、ラーメンよりもこういうものの方が良いですね。


次に大阪。

実家でお好み焼きを食べました。

粉少な目で、つなぎは 山芋と卵たっぷりです。 具は、豚バラ、えび、イカ。

IMG_0634.JPG


やっぱり我が家の味は良いですね。

IMG_0644.JPG



そして、本場ミナミでも食べてきました。

道頓堀から千日前に少し入ったところにある 美津の

つなぎに小麦粉を一切使わない 山芋焼きが私のこだわりとぴったり合っていて、近くに行くといつも寄る店です。

IMG_0665.JPG


IMG_0666.JPG



3連休 最後のランチタイムということでかなり混んでいましたが、30分ほど待って食べました。

ミニお好み焼きが3つ付いているセットを注文しました。(2人で食べました)

まずは、美津の焼き。  メリケン粉を使った普通の具沢山お好み焼きです。

IMG_0670.JPG


粉でつないでいるとはいえ、私のこだわりに応えてくれるお味でした。


そして、次に山芋焼き。

具には、豚ロースと貝柱が入っていました。

IMG_0672.JPG


いつもどおり、美味しかったです。 (欲を言うと、我が家のに比べて、キャベツが少ないのがちょっとものたりないですけど。)

最後に、ねぎ焼き。

IMG_0674.JPG


ここのねぎ焼きは初めてだったのですが、しょうゆ味の上にゴマがたっぷりのっていて、予想以上に好きな味でした。

次回も注文しようかな。。。。



お好み焼き、自分のこだわりに反するのを食べるとちょっと不機嫌になるんですが、今週は、かなりご機嫌で過ごせました。

東京でも、お気に入りのレパートリーを増やしていきたいと思います。 (家でも作って、腕を磨くことも重要ですね。)
posted by AK at 23:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。