2008年04月29日

レム日比谷

名古屋に来てから2度、東京に泊りがけで出張していますが、2度とも 帝国ホテルすぐ横の レム日比谷に宿泊しています。

"「よい眠り」のためのremm experience" というキャッチコピーに代表されるように、眠り を強調したそのコンセプトに強い興味を覚えたのがきっかけです。


阪急阪神系列の為でしょうか、場所は日比谷の東京宝塚劇場の向かいでかなり便利。

こないだは、チェックイン時にスターの出待ちらしき人だかりがしていました。

remmsoto1.jpg



部屋は、シンプルでいい感じ。

remmnaka1.jpg


ベットとマッサージチェアにこだわりを感じます。

特にベットの寝心地は、私的にはかなりいけてました。

(やわらかすぎるベットは苦手で、合わないベットのホテルに泊まると、いつもつらい思いをしており、ベットとの相性は結構重要なのです。)

阪急阪神第一ホテルグループの会員となって予約した2度目は、最上階の18階で、シャワールームから見える夜景はなかなかでした。

remmmadonosoto.jpg


何故シャワールームから夜景!? ブラインドを上げたら、シャワーシーンが外から丸見え?? と 少し不思議な感じですが。。。


バスタブが無いなど、ネガティブな面もありますが、ベッドと立地を重視して、今後も東京出張の際の拠点に使おうと考えています。 (折角ですし、他もいろいろ手は出してみる積りですが。)
posted by AK at 19:41 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。