2008年05月29日

もうすぐ帰国

出張の帰り、ニューヨークでのトランジットをしています。  

飛行機の出発が3時間近く遅れるとのことで、$15の食事クーポンをもらったのですが、食欲はなく、お土産屋やマッサージ屋でそのクーポンの利用を試みましたが、使えませんでした。。。

そこで、思わず 以前NYに住んでいた時にお気に入りだった、 Samuel Adams というボストンのビールを2杯ほど飲んでしまいました。
 

1週間程度の短い出張だったのですが、時差ボケも治り、完全に米州時間に馴染んだ身体となってしまっています。  (帰国してからの時差ボケが思いやられます。)



出張中の事件としては、、

ペルーのリマに2日間ほどいたのですが、ペルーではUSDが普通に使えるとのことでしたので、米国のCITI Bank の口座からUSドルを引き出したところ、、、

お金を引き出した後、一瞬カードを置きっぱなしにして ATMを離れてしまいました。


すぐに戻ったのですが、カードは無く、、、。


他に人はいなかったので、  ???   と思い、その銀行に問い合わせた( 正確には、スペイン語の出来る友人に問い合わせてもらった)ところ、ATM機にカードが置き忘れられると、セキュリティの観点から 3秒で機械がカードを吸い込んでしまうそう。 (何ともラテンらしくない仕組み!!)

私のカードも、しっかり吸い込まれてしまったようでした。


吸い込まれたカードは、セキュリティの問題から返却はしないそうで、、

トランジットの合間に、ニューヨークのJFK空港の近くのCITI Bankに再発行に行ってきました。


JFKのCITIは、貨物ターミナルから歩いて30分ほどの 極めて不便な所にあることもあり、ガラガラで 極めて良い対応を受けました。 (タクシーに乗るには近すぎることもあり、往復は非常にめんどうくさかったですが。。) 

CITIに限らず、アメリカの銀行は ひたすら待たされた揚句にサービスのクオリティレベルが低いイメージがありましたが、最近レベルが向上してきているのでしょうか。  ( それとも、暇な支店に行くと、いつもこんな感じなんでしょうか。)

Temporary Cardをその場で受け取り、ちゃんとしたカードも、土曜日を目途に名古屋に届くそうです。(この速さには、担当してくれた銀行員もびっくりしていました。。)



リマで飛行機に乗ってから、もう13時間ほど経ちますが、あとまだ2時間近く待ってから飛行機に乗り、成田まで14時間弱。 

そして再びトランジットしてセントレアへ。

まだまだ長い道のりです。

posted by AK at 02:29 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。