2008年06月07日

世界の山ちゃん

名古屋でやたらと目に付く店の一つに、「世界の山ちゃん」があります。

東京にいたころも、会社の近くにあって何度か行ったことがありますが、やっぱり名古屋の店はにぎわっている感が違う。


昨日も行ってきました。

あの手羽先、ジャンキーな感じがして、結構好きです。



昨日は、食べながら ふとあることが気になり、頭の中がそれでいっぱいになってしまったのですが、、、

店名にしても、ロゴマークにしても、社長の目立ちたがり度 MAXですね。


まだまだ名古屋ローカルな雰囲気を漂わせながら(もちろん、東京や 次は広島にも進出されるそうで、今後世界に羽ばたいていかれるのかも知れませんが、、)、 名前の一部に堂々と 「世界の」が入っているところもなかなかのものです。


「やまちゃん」 は、きっと、社長の愛称なんでしょうか?

名前を店の名前に付けた上での、チェーン展開、、 あまり他に思いつきません。


そして、極めつけは、社長の顔と思しき 似顔絵の露出度。

店の看板は勿論、店内至る所に顔、顔、顔。 

メニュー、取り皿、グラス、、  そして、ホッピーを頼んだらそのビンにまで。


この徹底振りに、ひとり感心してしまいました。

これも、名古屋流なのでしょうか?

この社長の哲学をお伺いできる機会(講演会、書籍等)があれば、参加してみたい気分になりました。

posted by AK at 18:47 | 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食・グルメ | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
あしあと見つけてやってきました。
うまちゃん、高校時代に友人達と言った事があります。
庶民的な雰囲気がいいですよね。
Posted by Eica at 2008年06月08日 14:55
Eicaさん、コメントありがとうございます。
名古屋出身なんですか?
高校時代に山ちゃん、、何だか楽しそうですね。
Posted by Akira at 2008年06月08日 20:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。