2010年02月14日

バレンタインデー ショコラとブランデーのマリアージュ

今日はバレンタインデー。

あんまりそういうイベントとは関係なく暮らしているんですが、夕食の後にチョコレートを。


あまりに美味しそうだったので、リンゴのブランデー(カルヴァドス)と一緒にマリアージュ。

100214_2104~0001.jpg


この組み合わせ、かなりGoodでした。


ショコラ: Jean-Paul Hevin (Amour、Lips、Kiss、Passion)

ブランデー: カルバドス シャトードブルイユ 15年


楽しいバレンタインデーの夜です。
posted by AK at 21:24 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

川国志(せんごくし)

近所に中華料理屋がオープンしました。

その名は、『川国志』。


三国志の、『三』を横に倒したのかな??

なかなか親父ギャグ的店だな。


等と思いつつ、そういう店には一度 脚を運んでしまう習性のある私。


早速、行って来ました。

100213_1832~0001.jpg



意外と良い感じのお店。

店の人も、四川料理に真面目な感じで親切。


麻婆豆腐、酸辣湯、餃子、そして、下の写真のメニュー(看板メニューだそうですが、名前忘れました)
を注文。

100213_1843~0001.jpg


どれも、山椒が利いていてなかなか美味。

以前、成都に旅行した時に食べたものとは、辛さのレベルは違いますけど、充分満足いくものでした。

次回は、四川料理で一番好きなメニューの一つ、水煮牛肉を頼んでみるつもりです。


価格的にも、2千円/一人 弱でおなかいっぱい(酒はビール一本だけですけど)になりましたし、結構気に入りました。
posted by AK at 23:26 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

マトリョーシカ

ロシアから帰ってきました。

行く前からマトリョーシカをお土産にしようと心に決めていたのですが、最終日の空港までマトリョーシカ(Matryoshka)は一切見かけず。


帰りは、シェレメチェボ空港でしたが、離陸時間には余裕を持って到着しました。

成田行きの飛行機にチェックインしスーツケースを預けてから、ゆっくり空港内を見て歩こうと思っていたのですが、この空港、チェックイン前に荷物検査場が。 (ロシアでは通常なのかもしれませんが。)

そして、離陸時間の何時間か前になるまで、荷物検査場に入れてもらえません。


仕方なく、スーツケースを持ちつつ、荷物検査場前の場所をぷらぷらしていたのですが、、、

マトリョーシカを売っている店は発見したものの、明らかにチャチイつくりのものがどれも1万円以上。

『そんなに高いのか!?』

と思いつつ、出国後改めて探すことにしました。


そして、レストランで時間つぶし。

ペンネ(学食でもまずいといわれそうなレベル)が、1,500円超。

この空港、侮れない物価の高さです。


そして、ようやく時間が来て、荷物検査 ⇒ チェックイン ⇒ パスポートコントロール ⇒ セキュリティチェック を済ませて、免税店エリアへ。

いつもは、ウィスキーコーナーに足が向かうのですが、今回はそこは素通り。

歩き回っていると、一軒マトリョーシカ(Матрёшка)が売られている店を発見。

価格は、何と数ドル〜。

先ほど見た店で、3,000ルーブル程度していたのと同じような品物が、18ユーロでした。
(見る人が見たら違うかも知れませんが。)

きっと、市内のお土産屋とかに行くと、きっともっと安かったんでしょう。

100211_1722~0002.jpg

何とか、納得して購入することが出来ました。
posted by AK at 17:46 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

学問のすすめ

先日、書店でふと 福沢諭吉著「学問のすすめ」の現代語訳を見つけました。

学問と言えば、「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」というフレーズがあまりにも有名で、身近な気がしていましたが、ふと気付くと読んだことはないし、どんな内容かも知らない。

ミーハーなのですが、大河ドラマで坂本竜馬、岩崎弥太郎をみて、明治維新への興味がたかまりつつある今日この頃、学問の勧めを読んでみることにしました。


読んで感じたこと。

あまりにも、現代にも通ずるところが多い気がして、かなり新鮮、かなり驚きました。

福沢諭吉は、明治時代の日本を思想面から引っ張っていった人なんですね。

正直、かなり感動。


福沢諭吉と言えば一万円の人、慶応義塾と言えばおぼっちゃん、、と何気に思っていたのですが、見る目が変わりました。

明治初期の偉人は、いろいろ考え、いろいろ行動されてるんですね。

見習うところ大です。


偶然でしたが、なかなかいい本に巡り合いました。
posted by AK at 05:49 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア

モスクワに来ています。

アエロフロートで東京→モスクワ間移動したのですが、思いのほか快適。

機内食も、なかなか行けてましたし、CAのサービスも上々。


アエロフロートは、12年前にヨーロッパ旅行の際に利用したことがあるのですが、その時とは見違えるよう。

ビジネスクラスとエコノミークラスの差があるのかもしれませんが・・・・。


気になった点は、ビジネスクラスの座席があまりにもすいていたこと。

搭乗率(Load Factor)は、20-30%といったところでしょうか。

もしかすると、エコノミークラスは混でたのかもしれませんが、パッと見採算割れの水準です。

BRICsと注目されているロシア、ビジネス客はもっといるのかな、、と思ったのですが、不況のせいか、それ程でもないですね。


モスクワでは、ユニクロのオープン予定地を見かけました。

こうした外国で、日本企業が頑張って展開しているのを見るのは、何となくうれしいものですね。

posted by AK at 05:41 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

開店祝いの花輪効果

近くにラーメン屋がオープンしました。


店前には、オープン前からすごい花輪。

有名ラーメン店(蒙古たんめん中本、ちばき屋など)からの花輪あり、テレビ局からの花輪あり、前をとおり行く人も、一旦足を止めるくらいの量の、店のサイズとは明らかに不釣合いな花輪です。


<店の正面>

100131_1933~0001.jpg



<歩道の逆側>

100131_1933~0002.jpg



ミーハーな私としては、この花輪に引かれ、このラーメン屋『魚雷』を目指しました。

すると早速行列。


しばらく待ち、食券を買い、ようやく食べられたラーメンは、、

あっさりとした出汁がなかなかGoodなものの、、

味は、普通。


決して不味くは無く、それなりに美味しいのですが、特に、何ていうことの無い味でした。


開店の花輪が一見さんをひきつける力は強烈。 (こういう私も、思いっきり惹きつけられたひとりですが。)

この店の、今後の客の出足は気になるところです。


posted by AK at 20:53 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池袋 ヤマダ電機の方がイケてる!?

2年半ぶりに、池袋の家電量販店で買い物をしました。 (前回の記事「池袋家電戦争」はこちら


買ったのは、デジタルビデオカメラとデジタル一眼レフ。


カメラを買うのだから、今回は流石にビックカメラに軍配が上がるだろう、、、

そういう先入観を持ちつつ、買い物に出掛けました。


まず、昨日(土曜日)の午後、ヤマダ電機へ。


デジタルビデオカメラ売り場に行ったところ、係員は丁寧に説明してくれました。

技術的な込み入った質問にも、メーカーからの応援説明員の方を連れてきてくれて、分かりやすく説明頂きました。

ソニーのフルハイビジョンカメラ(HDR-XR150)に狙いを絞って値段を聞いたところ、64千円(ポイントはなし)。


その後、ビックカメラに行くと、、、

まず、説明員の数が少なく、なかなかつかまりません。

価格は、79千円(ポイント10%)。

そこから多少の値引きは出来るのでしょうが、64千円というと、「それは無理」との反応。


この商品だけに限った話ですが、ヤマダ電機のほうが、店員の対応良し、価格良し。

圧倒的にヤマダ電機の勝ちです。

(ビックカメラは客商売をしているとは思えないそっけない対応に、ある意味驚き。)


また、一眼レフ売り場では、ヤマダ電機ではソニーのα380のダブルレンズキットが47千円(ポイントなし)。

こちらも、メーカー間の比較、機種間の比較も含め、丁寧に説明いただきました。

ビックカメラには、これに対抗する商品が見つからず、こちらもヤマダ電機に軍配。


ただ、結局昨日は購入せず、今日改めて出直しました。


まず、ビックカメラでソニーのフルハイビジョンカメラ(HDR-XR150)の見積もりを聞くと、72千円(ポイント10%)が限度と。


その後、ヤマダ電機に行って改めて同商品の価格を聞くと、、、

71千円(ポイント23%)。

やはり、ヤマダ電機の方が魅力的。

いい感じです。


一眼レフを併せて購入する条件で、もう一押し、70千円(ポイント23%) としてもらい、このポイント23%を一眼レフ購入に使いました。


結局、2商品併せて10万円と少し。

本当にお得な買い物が出来たのかどうかは分かりませんが、非常に納得感の高い買い物でした。


「ヤマダ電機はすごい」

「ビックカメラはやばいんじゃないか」

非常に少ないサンプルでの直感なので極めてテキトーな感想ですが、池袋家電戦争も終盤戦を迎えているのではないか・・・、

そういう気配すら感じました。
posted by AK at 20:34 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

日本航空と日本のアナロジー

今日の日本経済新聞朝刊に面白い記事を見つけた。

『日航は「あすの日本」か』 と題された、論説委員長によるオピニオン記事だ。


「危機見えても手を打てず」

まさに、これこそ今目の前にある危機の本質かもしれない。


年寄り(生産性の無くなった人たち)の利益に偏った意思判断の積み重ねによる破綻・・・高齢化社会の本当の恐さはこの点にあるような気がする。

先行き短い人たちからすると、将来必ず来る危機、但し自分が生きているうちに来るかどうか分からない危機よりも、目先の刹那的な幸せのほうが価値があるのが自然だろう。

理性的には 「そんなことはない」 と考えたとしても、感情的には、目の前に見えていない危機の優先順位はどうしても低くなる。


JALには明日、会社更生法が適用される。

この会社更生法により、JALが生き返るかどうか、またどのように生き返るのか(はたまた生き返られないのか)はかなり興味深い。


日本の国も、近い将来(5年後か10年後か20年後かは分からないが)、破綻する可能性は小さくないと思う。

(そう思いつつ、日本国債のショートセルをするファンドをせっせと買っている私。)

その後、上手く立ち直れるのかどうか??  

正直、体力や国民の精神力が残っている早いうちに、破綻させてしまった方が立ち直りが早いような気もするが。  このした観点からは、民主党や自民党にも大いに期待!?


JALの再生の過程からは、学べるものも多いような気がする。

本当に目が離せない。
posted by AK at 00:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

民主党について思う

民主党の最近の対応、ちょっと恐ろしくなります。


その重さはわからないものの、法律違反を起こしたのは確かだろうに、完全に開き直り。

テレビでテリー伊藤が言っていましたが、ある意味新興宗教っぽい。

特に、森裕子議員の発言など、耳を疑う内容。

オウム真理教を思い出しました。


こういう政党が与党になっていいんだろうか??


そもそも、若手議員に、本来やるべき仕事よりも選挙準備を優先させる、、

という本末転倒したあり方も、大いに疑問です。


また、国会の代表質問でも、与党らしい責任を持った対応ではなく、勝ち誇ったような対応。


衆議院前から、その雰囲気は感じていましたが。

目先の金のばら撒きで票を集める手法、それに乗っかって投票する有権者。

この流れの延長で行くと、、

弱りかけた日本にトドメをさし、そこから再編を狙うというのも一つの手かもしれませんが、それに伴う痛みがどの様になるのか・・・?


経済成長が止まった社会での民主主義実現って、かなり難しいですね。

税金を支払うのが、益々嫌になりました。
posted by AK at 23:18 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索 | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ふるさと祭り東京@東京ドーム

三連休初日の今日、東京ドームのふるさと祭り東京に行ってきました。

お目当ては、ご当地どんぶり選手権。


入場料を払い、加えて中でも金を払ってご飯を食べる、、というシステムに少し抵抗を感じつつも、入場料金が安くなる午後4時以降を狙って入場しました。


当日券売り場にて、1,000円のイブニング割引入場券を購入。

100109_1725~0001.jpg



中に入ると、なかなかいい感じの盛り上がり。

東京ドーム特有の空気のせいか、楽しい雰囲気が場を包んでいました。

IMG_0651.JPG

IMG_0652.JPG

IMG_0653.JPG

IMG_0654.JPG



この雰囲気には、入場料を払う価値ありなのかもしれないなぁ、、と少し納得しつつ、早速どんぶり選手権コーナーへ。

IMG_0667.JPG


どのどんぶりも、ハーフサイズ1杯400円で食べられるというシステム。


いろいろ食べました。

大分県の、がんこ漁師のあつもり丼。

100109_1745~0001.jpg


少し食べた後、かつおだしをかけてもらえます。

ひつまぶし と同じような感じで。

100109_1748~0001.jpg


個人的には、かつおだし付きの方が好みかも。

漁師町でたべたら、もっと美味しいんだろうなぁ、、と思いながらさくっと平らげました。 (正直、評価はいまいち)


次は、富山県のしろえびかき揚丼。

100109_1748~0002.jpg


こちらは、シンプルながらにボリュームあり、いい感じのB級グルメ。


次は、長野県のソースカツ丼。

100109_1756~0001.jpg


熱々のソースカツはもちろん、キャベツ&野沢菜との相性もGOOD。

意外に海鮮系よりも、こちらのほうが美味でした。


このほか、岩手県の特選牛メシ も食べましたが、こちらは牛が寂しくいまいち。


このどんぶり選手権、選手権というだけあって試食者の投票により順位を決めると言うイベントなのですが、4種類を食べた限りでは、そんなにレベルは高くない感じでした。

私は、ソースカツ丼と白海老かき揚丼に票を入れましたけど。


どんぶりを食べてお腹が落ち着いた後、ゆっくり展示をみてまわりました。


感想は、、

早まってどんぶりを食べる必要は無かった


ドンブリ以外にも、というよりドンブリ以上に おいしそうなもの、いろいろありました。

1,500円程度払えば、おいしそうな牛メシ弁当も。

1,000円払えば、おいしそうな佐世保バーガーも。 


どんぶりでおなかいっぱいだったのですが、、

大阪は箕面の地ビール、広島の濁り酒を飲んだことをきっかけに、いろいろと食べてしまいました。


まずは、もだん焼き。

タイムセールで500円 ⇒ 300円になっていたので買ったのですが、屋台の味。

店で出てきたら、ちょっと許せないレベルの味ですが、祭りの雰囲気の中で食べるにはまずまず。


次は、すしのてんぷら。

100109_1830~0001.jpg


これも、タイムセールで 500円 ⇒ 250円 となっていたことと、ものめずらしさに負けて購入したんですが、珍しい割には味は特にどうってことの無いものでした。

ビールには合いましたけど。


そのほか、「おなか減っていたら食べたのになぁ」というもの多数・・・。

ソフトクリームを食べたりはしたものの、思い残すところあり。

先にゆっくりと全体を見てから、食べるものを考えるべきでした。




ところで、ちょっと離れて考えると、この祭り、なかなか巧妙な仕組みです。


入場者からすると、入り口で入場料を支払っていることもあり、中で何も食べずに帰るわけにはいかない心境になってしまう。

特に安かったり美味しかったりするわけでもないのに。


そういうわけで、出展している店はいい値段にも関わらずそれなりに売れる。

イベント主催者は、入場者からは入場料、出展者からは出展料を取れる。


こうした展示会は、東京モーターショー等の集客力がある一部の例外を除くと、入場券無料の優待券を配りまくり、主催者の収入源は出展料のみ、となるのが普通と思っていたのですが、、

東京ドーム効果でしょうか、ふるさと祭り東京では私の探した限り入場優待券・割引券の類は見つからず、当日券売り場も相応な賑わい ⇒ どうやら入場料も良い収入源となっているみたいです。

東京ドームへの支払いも相当高いんでしょうから、どのくらい儲かるイベントなのかは全く見当付かないですけど、人がいっぱい集まる東京ならではだと思います。
posted by AK at 23:52 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・グルメ | リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。